「Video Maturity Model」モデルとは何ですか?

企業様向けのビデオ効率を向上するためのユニバーサルアプローチ

「Video Maturity Model」は中規模から大規模までの企業で使用する動画を審査するツールです。「Video Maturity」の意味は手段としてビデオをコントロールするということです。ビデオを正しく使うことでより効率的にコミュニケーションが取れ、販売数、出資者、クライアント、スタッフなどをより多く獲得できます。

「Video Maturity Model」は動画の利用について8つの項目に焦点をおきます:

  • 各オーディエンスのニーズを確認
  • 動画プロデューサーとプロダクションとの関係
  • 動画公開
  • パフォーマンス分析
  • 経営方針
  • 資源分配
  • 動画の管理 (担当者)
  • と制作工程など。

60問の質問から評価をさせていただきます。8つの項目を基準にパフォーマンスを評価し、ユーザー様にスコアが通達されます。さらに他社のベンチマークデータと比較することも可能です。

アドバイスを含む14ページのレポートも提供します。レポートには動画コンテンツをよりよくするためのアドバイスや今後の計画表が含まれています。

「Video Maturity Model」の評価費用は59,00ユーロです。

(英語で)調査を開始
Radar Chart Video Maturity Model

「The Video Maturity Model」はEclipse Videomanagement Consultantsで最も実力があるコンサルタント、Thijs Viguurs氏の下で開発されました。Thijs氏は以下のように述べています。「企業での動画コンテンツの重要さは会議室で話し合うことではないと考えています。しかし数多くの企業様の動画コンテンツを見たところ、どこの企業様の動画もプロフェッショナルからかけ離れていました。そのため、それらを少しでも良くしようと思い”The Video Maturity Model”を作ることにしたのです。」

Advice Report of the Video Maturity Model